多様化するプラン!結婚式のスタイルはどうする?


挙式と披露宴はワンセットにしなくてもいい

結婚式のスタイルは結婚式のメインコンセプト、あるいは誰をどこまで招待するのかによっても大きく変わってくるため、目的や希望を軸にそれをどう表現できるかを考え、選択していくことになります。和と洋など対極にあるものを組み合わせるのも自由ですから、必ずしも挙式と披露宴がセットでなければならないこともありません。例えば、神前式を選んでも披露宴ではドレスを着たり、キリスト教式を選んでも移動して料亭などで和装の披露宴をすることも可能です。一般的に、挙式はイメージや衣裳から決めることが多く、誓いの仕方もポイントの一つになっています。また、スタイルや式場選びは参列者の顔ぶれや人数に直結するので、披露宴と挙式をワンセットで考えるのかも検討すべき点になります。

さまざまな挙式のスタイル

一般的なスタイルとして選ばれているのは、キリスト教式あるいはリゾート婚です。キリスト教式は式場併設のチャペルや街の教会で行う挙式で、親族だけでなく友人も参列できます。ロマンティックで厳かなイメージのセレモニーになります。また、リゾート婚は国内外のリゾート地で行う挙式のことです。二人だけの結婚式や親族と一部の友人だけを招いて少人数で行うのが一般的です。

そして、人気が出てきたのが神前式や人前式です。神前式は神社や式場内の神殿で行い、神道のしきたりにのっとって儀式が執り行われます。原則親族のみの参列ですが、近年友人を招くことができる神社が出てきたことも人気の理由です。一方、人前式はオリジナリティのある結婚式をしたいと希望する人が多いことから、選択する人が増えました。場所や衣裳、式次第に制約がなく、個性的な演出も可能です。

できるだけ費用を抑えた形で福岡の結婚式場で結婚式を挙げたいなら、レストランウエディングが良いでしょう。費用を抑えることができ、最高の料理を堪能できます。